無理のないダイエットとは今の自分にとって辛さを感じないダイエットと言えます。

 

今の自分にとってというのがポイントで、今は少し外を歩くことでも辛いと感じることであっても、少し継続して体が慣れてしまえば辛くない楽しいと感じるかもしれません。

 

食事制限をとても辛いと感じる人もいるでしょう。

人は本能として食べたいという欲求を強く持っているものです。

この食欲に関しては個人差はありますが、食欲があまりない人にとって食事制限はとても簡単なものだと思います。

ただ、食欲が少ない人がダイエットで悩んでいるという話はあまり聞いたことがありません。

 

今の自分にとって辛いと感じることはなんでしょうか?

ここを把握することが一番最初にやらなければならないことです。

無理なく続けられるダイエット方法なんてあるの?

今現在少し歩くだけで息が切れて疲れる辛いと感じる人にとっては、運動習慣をベースにするダイエットは無理のあるダイエットと言えます。

 

運動を習慣にすることは思っている以上にとても大変なことです。

ましてや今までランニングなどの運動を習慣にしたことがない人ならなおさらでしょう。

 

このような人へのアドバイスとして、今の自分にとってつらいと感じない方法を選択することがベストです。

 

例えば、食事制限を辛いと感じる人と、食事を抑えることが辛く感じない人はいますよね。

そうした人たちに同じ食事制限をさせるのは無理があると思っています。

 

痩せ方は人それぞれに合わせたベストな方法を選ぶことがとても大事です。

無理なく実際に痩せる方法とは?

ダイエットを始めたけれども、全く成果が出ない人は、「痩せるってどうやるの?」と疑問に感じる人がとても多いと思います。

 

実際にダイエットの仕方がわからない。全く効果が出ないと悩みを抱えた人が私に相談に来たことは何度もあります。

 

実際に体重を落とす方法はとてもシンプルです。

 

摂取カロリーを消費カロリー以下に抑えればいいのです。

 

体重が重たい原因は脂肪です。

 

カロリーを消費していけば、脂肪からエネルギーを取っていくので、脂肪を消費することになり体重も減少していきます。

 

摂取カロリーとは単純に食事ですね。

 

食べる量が多い。

高カロリーのもの(ご飯、お肉、揚げ物)ばかりを食べる。

 

このような場合は摂取カロリーが極端に多いので脂肪が増えていきます。

消費されなかったカロリーは脂肪となって蓄えられるのです。

 

もし食べる量は減らしたくない!という場合は、消費カロリーをあげるしか方法はありません。

 

しかし運動で消費カロリーをあげようとする場合、とても大変です。

 

1時間のウォーキングで消費されるカロリーは200~300キロカロリーほどと言われており、これは茶碗1杯分のご飯より少ないカロリー量となります。

 

食事制限をせずに運動量でダイエットしようと考えるのは、運動することが仕事のベースとなっている人でない限り、無理するダイエットになってしまうかもしれません。

 

重要なのは食べる量を減らしていくことなのです。

食べる量も慣れていく?

食べることが大好きで、たくさん腹いっぱい食べないと満足しません!という人にとっては、食べる量を減らして下さいというのはとても無理のないダイエットとは言えないかもしれません。

 

でも、少しずつ食べる量を減らしていくと胃はその減らした量でいっぱいの状態になっていくので、慣れていきます。

 

ご飯の量をほんの少し減らして、慣れてきたらもう少し減らすという方法がとても有効です。

 

消費カロリーの減らし方

食べ物を脂質の少ないものに変更していく。
食べる量を少しずつ減らしていく。
食べるものを決めてしまう。

するとどうしてももうちょっと食べたいなーという誘惑が出てきます。

そういう場合は別のことをしてみるといいかもしれませんね。

もう我慢できない!と、なってしまうのが一番太ってしまう原因です。

食べる量を減らして少し物足りなさを感じている状態は、体は今までの脂肪量を蓄えようとしてしまいます。

 

体は摂取カロリーが減少した。 もっと蓄えなきゃとなるのです。

 

こうした体により多くの食べ物を入れてしまうと、元の体重以上に増えてしまいます。

 

必ず反動が来る!

ダイエットをしていると、多少気持ち的に我慢をしなければならない場面もあるかもしれません。

こうした精神状態が続いていくと「もういいや!」という弱さが出てきてしまいます。

 

それが人ですのでしょうがないのですが、この反動は必ず来るということを予め知っておいてください。

 

自分のこの反動に勝てないという人はジムなどでコーチを受けながらダイエットをするというのも一つお勧めの方法です。

 

どこかに通いながらレッスンを受けていくというのは、一つ有効な方法です。

またそこにお金をかけている絶対にやらなきゃという気持ちを作ると、人は続けやすい心の状態になります。

 

自分一人で全部自分の思い通りの状態だと、どうしても仕方がないねという甘さが出てしまうものです。

 

今現在例えば運動を習慣にしているような人は運動を楽しいと感じるだろうから、運動を継続していくことは無理のないダイエットと言える。

 

そしてもう一つ考えられるのがダイエット仲間を作って、誰かと楽しみながらやる方法である。

 

これも楽しみながらできるのなら無理のないダイエットと言えるだろう。

 

逆に無理なダイエットとは何か?

今の自分にとってとてもつらい!と感じるようなダイエットは無理なダイエットと言える。

そういうダイエットの特徴として続けにくい。習慣にしにくいという特徴がある。

 

無理なダイエットは過度なストレスになることが多いため、自分にとってとても大変なものなのだろう。

 

逆に無理なストレスmaxのダイエットを続けていると、どこかで爆発してリバウンドを起こしてしまう危険性が高い。

 

一番良い方法は少しずつ自分のペースで気長にダイエットをしていくことだ。

 

この方法なら割と習慣化になりやすい。

 

ただ楽しみながらできるかというと疑問である。

 

人は楽しみながら楽しいと感じることしか習慣にすることは難しい。

 

特に現在太っていて運動や食事制限が苦手な人が運動、食事制限を楽しいと思えるかは疑問である。

 

むしろその可能性は低いのではないだろうか。

 

そうして考えると、運動はいらない。食事制限もいらない。自分のペースで続けられるダイエット方法を考えることが一番かもしれない。

 

果たしてそんな従来のダイエット方法から矛盾したダイエットはあるのだろうか?

 

 

最初の習慣化はやはり違和感を感じるかもしれない。

だが、この期間を過ぎると割と続けやすいのは事実である。

今まで無理なダイエットをして続けられなかったという人は参考にしてみて欲しい。